ホーム > 高性能防水ガラリ(商品情報)
高性能防水ガラリMora-need(モラ−ネード)

高性能防水ガラリ
Mora-need(モラ−ネード)

防水ガラリ開発の独自のコンセプト

(流動解析協力)沖縄県工業技術センター (流動解析協力)沖縄県工業技術センター

ガラリの従来の目的は通気性。その通気性を活かし防水性をプラスした製品が防水ガラリです。防水ガラリは空気を通して雨水を遮る構造になっていますので、一般的なガラリと比べ雨水の侵入量は非常に少なくなります。

通気性を重視すれば、防水性が低下し防水性を重視すれば、通気性が低下します。相反した課題を解消すべくガラリ羽根の開発に着手、ガラリ羽根を通過する風雨を汎用熱流体解析ソフトウェアによって徹底解析、独自の開発方法で生まれたのが「Mora-need(モラ−ネード)です。

信頼のおける性能試験(財団法人建材試験センター)

流動解析協力)沖縄県工業技術センター

JSTM L 6201(換気ガラリの通気性能試験方法)JSTM L 6401(換気ガラリの防水性能試験方法)によって、財団法人建材試験センターにて性能試験を行い信頼のおける性能データーを表示しております。(他社メーカーとの性能比較の際は、試験方法および試験機関の違いによって性能データーの比較ができない場合があります。十分注意して下さい。)

防水性能試験の様子1 防水性能試験の様子2
防水性能試験の様子

特許・商標・意匠登録取得済

特許証

流体力学的に研究・開発されたガラリ用羽根(特許第4177832号)を使用することで、高い通気性と防水性を実現しました。

特  許: ガラリ用縦羽板及びガラリ(特許第4177832号)
商標登録: モラネード(登録第4901453号)
意匠登録: ガラリ用羽板(登録第1258143号) ガラリ用羽板(登録第1258144号) ガラリ用羽板(登録第1259963号)